ツルナ Tetragonia tetragonoides  O. Kuntze
  海岸・砂地の植物 ハマミズナ科 ツルナ属
Fig.1 (兵庫県姫路市・海浜砂地 2011.6/15)
海岸の砂地に生育する多肉質の多年草。
茎や葉の表面に粒状の突起がある。茎はよく分枝し、下部は横にはい、上部は斜上し、高さ40〜60c。
葉は互生し、柄があり、菱形を帯びた卵状3角形で長さ4〜6cm。
花は1〜2個、葉腋につく。花柄はごく短く、萼筒は4〜5稜あり、果時に萼筒の肩の部分に4〜5個の突起が出る。
長さは花時3〜4mm、果時6〜7mm。萼裂片は4〜5個で、広卵状3角形、内面は緑黄色。雄蕊は9〜16個。
子房は下位で、花柱は4〜5個。果実は木質で硬く、中は数室に分かれ、各室に1個の種子を入れ、裂開しない。
近縁種 : 

■分布:北海道西南部、本州、四国、九州、沖縄 ・ 太平洋沿岸一帯
■生育環境:海浜の砂浜など。
■花期:4〜11月

Fig.2 茎は地表を横にはう。(西宮市・海浜砂地 2011.7/26)

Fig.3 葉。(兵庫県姫路市・海浜砂地 2011.6/15)
  葉は互生し、柄があり、菱形を帯びた卵状3角形で長さ4〜6cm、粒状の突起があり、若い葉では顕著で粉白色を帯びる。

Fig.4 花は各葉腋に1〜2個つく。(兵庫県姫路市・海浜砂地 2011.6/15)
  花柄はごく短く、萼筒は4〜5稜あり、果時に萼筒の肩の部分に4〜5個の突起が出る。萼裂片は4〜5個で、広卵状3角形。
  開花した花にアリが訪れている。

Fig.5 花。(西宮市・海浜砂地 2011.7/26)
  花弁は無く、萼片の内側が緑黄色の花弁状となる。雄蕊は9〜16個。花柱は4〜5個。

Fig.6 果実形成期。(兵庫県姫路市・海浜砂地 2011.6/15)
  花時に斜上していた茎は、果実形成期に入ると地表に倒伏して熟す。
  萼筒は花時に3〜4mmだったものが、花後ふくらんで6〜7mmとなり、萼筒の肩の部分に4〜5個の突起が出る。

Fig.7 落果した熟した果実。(西宮市・海浜砂地 2011.7/26)
  果実は木質で硬く、中は数室に分かれ、各室に1個の種子を入れ、裂開しない。
  果実は水に浮き、海流散布される。そのため分布域は世界の太平洋岸全域にわたっている。

生育環境と生態
Fig.8 防潮堤の岩の隙間に生育するツルナ。(西宮市・防潮堤 2011.7/26)
西宮市内の海岸ではあまり安定した自然度の高い砂地が少なく、ツルナは防潮堤と砂地の境界や、防潮堤の隙間に多く見られる。
同所的にハマヒルガオ、オカヒジキ、ホコガタアカザ、ママコノシリヌグイなどが生育している。


最終更新日:5th.Sept.2011

<<<戻る TOPページ