サラシナショウマ Cimicifuga simplex  Wormsk.
  山地・草原・林縁の植物 キンポウゲ科 サラシナショウマ属
Fig.1 (兵庫県香美町・林縁 2009.9/21)
山地の草原、林縁、落葉広葉樹の疎林などに生育する多年草。
茎は高さ40〜150cmで、上部には細い白毛が生える。
根生葉と茎下部の葉は大きく、茎に互生してつき、3回3出複葉、葉柄基部は鞘状となる。
小葉は卵形で長さ3〜8cm、しばしば3裂し、鋭頭または鋭尖頭、不揃いな鋭い欠刻状の鋸歯があり、両面に細い毛がある。
上部の茎葉は2〜3回3出複葉で、葉柄は短い。
花期には、単一または基部で分枝する長い総状花序を出し、花序には短い白い毛を密生する。
花には5〜10mmの柄があり、白色。萼片は広楕円形で長さ4〜5mm。花弁は長さ3〜5mm。雄蕊は多数で長さ5〜6mm、花糸の先は少し広がる。
雌蕊は2〜8個で柄があり、細かい毛があるか、または無い。ときに雌蕊は退化して雄花になる。花柱は1〜2mm。
袋果は長さ約1cmで、柄がある。種子には鱗片がある。
近縁種 : イヌショウマ、オオバショウマ、キケンショウマ

■分布:北海道、本州、四国、九州 ・ シベリア東部〜カムチャッカ、樺太、千島、朝鮮半島、中国
■生育環境:温帯〜亜寒帯の草原や林縁、落葉広葉樹の疎林内など。
■花期:8〜10月

Fig.2 花序。(兵庫県香美町・林縁 2009.9/21)
  画像は基部付近で分枝した短い花序。総状花序に柄のある白色の花が密につく。

Fig.3 結実した花序。(兵庫県香美町・林縁 2009.9/21)
  最頂部の花序は最も早く開花し、結実も分枝した花序よりも幾分早い。

このページは簡略版です。画像や資料が揃い次第正規版としてまとめる予定です。

最終更新日:7th.Dec.2009

<<<戻る TOPページ