コスミレ Viola japonica  Langsd. ex Ging.
  里山・路傍・草地の植物 スミレ科 スミレ属
Fig.1 (兵庫県篠山市・畑地 2011.4/17)

Fig.2 (兵庫県丹波市・水田の畦 2011.4/18)

低地〜丘陵の路傍や農耕地周辺、草地などに生育する多年草。
ふつう無毛だが、ときに葉の表面に毛のあるものもある。地下茎は短い。
葉は卵形でとがり、低い鋸歯があり、基部は浅い心形。葉身は長さ2〜5cm、柄は長さ2〜8cm。
夏の葉は3角形になり、いちじるしく大きく、柄もまた長くなる。
花柄は長さ6〜12cm。花は淡紫色。萼片は広披針形、花弁は長さ1〜1.5cmで、幅が狭い。
側弁はふつう無毛だが、毛のあるものもある。距は長さ6〜8mmで細く長い。
近縁種 : ヒメスミレサクラスミレ

■分布:北海道(西南部)、本州、四国、九州 ・ 朝鮮半島南部
■生育環境:低地〜丘陵の路傍や農耕地周辺、草地など。
■花期:4月

Fig.3 葉。(兵庫県篠山市・畑地 2011.4/17)
  葉は卵形〜長卵形、低い鋸歯があり、基部は浅い心形。表面は白く濁った緑色。
  裏面はふつう紫色を帯びるが、淡緑色の個体も現われる。

Fig.4 開花中のコスミレ。(兵庫県篠山市・畑地 2011.4/17)
  比較的花数の多いものが多い。

Fig.5 コスミレの花。(兵庫県篠山市・畑地 2011.4/17)
  花は径1.5〜2cm、基本的に淡紫色、白色や少し赤味が入るものもある。
  側弁はふつう無毛だが、画像のものは毛があり、花茎にも毛が見えており、このようなタイプのものはヒゲコスミレとすることがある。

Fig.6 花柱。(兵庫県三田市・路傍 2011.4/13)
  花柱の先は盤状で少し盛り上がる。

Fig.7 距と萼片。(兵庫県三田市・路傍 2011.4/13)
  距は円筒形で細長い。萼片は広披針形。

Fig.8 種子。(兵庫県三田市・路傍 2011.11/17)
  種子は卵形で、長さ1〜1.2mm、半透明なエライオソームが付属する。

Fig.9 花後、5月の葉姿。(西宮市・農耕地の路傍 2011.5/13)
  花後、葉は大きくなる。

生育環境と生態
Fig.10 農家の家先に群生するコスミレ。(兵庫県篠山市・農家の家先 2011.4/17)
里山の農家の家先の裸地に多くの個体が群生していた。花の色は変異が多く、モザイク状に様々な花色の個体が入り混じっていた。
同所的にヘビイチゴ、ヤハズエンドウ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、スギナが見られた。


最終更新日:7th.Mar.2014

<<<戻る TOPページ